クレールベイサイドのスタッフが綴るブログ。クレールベイサイドでおこる小さな出来事をご紹介いたします


こんにちは。
いつも、ベイサイドのブログを読んでくださり
誠にありがとうございます。

本日はウェディングケーキ→「幸せのおすそ分け♡」
についてお伝えさせて頂きます。

昔、イギリスのヴィクトリア女王の成婚の際に登場したのが
3段のケーキで、そこから高さのあるケーキが広まったと言われてます。

一番下は 当日のゲストに
二段目は こられなかった人にプレゼント
一番上は 一年後の記念日にふたりで食べたといわれています。

ケーキを分ける事=幸せのお裾分けという意味合いがあるそうです。

日本でウェディングケーキが一般的になったのは
昭和30年代、当時の有名な俳優さんが自身の結婚式で取り入れて
一気に人気がでたと言われてます。

幸せのお裾分け=ゲストにふるまうことを考えるとデザインの幅も広がりますね。
カップケーキやドーナツを積み上げたり。。。
ケーキの中に当たりを入れて置いたり!

本来の意味を意識して演出を行ってみると
お二人もゲストの方も幸せな気持ちになれそうですね。

是非、いろいろとご相談くださいませ♡


_DSC2386.jpg

















大人気のブライダルフェアはこちらから★
 CREER BAYSIDE 
    ~ OCEAN VIEW RESORT WEDDING ~

INFORMATION
メールはこちら
ブライダルフェア開催中