クレールベイサイドのスタッフが綴るブログ。クレールベイサイドでおこる小さな出来事をご紹介いたします


記念に残せるシュガーケーキ☆

こんにちは。
いつも、ベイサイドのブログを読んでくださり
誠にありがとうございます。

気持ちの良い秋日和が続いておりますが
皆様お元気でお過ごしでしょうか。

今日はシュガーケーキについてお話させて頂きます。

シュガーキーととは
18世紀にイギリスで使われたものになります。

豊穠を意味するぶどうや
繁栄を意味する木の実
それに洋酒を加え固く焼き上げたシュガーケーキの登場
マジパンでコーティングし、シュガーペーストで
レースの模様などの装飾を施したウェディングケーキは
砂糖が貴重だった時代の豊かさ繁栄、幸福のシンボルとなりました。

19世紀になると
イギリスのヴィクトリア女王の成婚の際に登場したのが
3段のケーキで、そこから高さのあるケーキが広まったと言われてます。

下段は披露宴の参列の方に
中談は当日欠席の方に
上段はこれからの子どもに向けて保存

イギリスでは今でも、結婚記念日や第一子が産まれた日に
食べる風習が残っています。
シュガーケーキ素敵ですね!
ご希望あればベイサイドでも可能でございます。
おふたりの記念に残るウェディングケーキをつくりましょう☆
_DSC2386.jpg

















大人気のブライダルフェアはこちらから★
 CREER BAYSIDE 
    ~ OCEAN VIEW RESORT WEDDING ~

INFORMATION
メールはこちら
ブライダルフェア開催中